教育・研修制度
エンジニアが、その市場価値を維持するためにスキルアップし続けることは至上命題ともいえます。スタッフサービス・エンジニアリングでは、社員が日々の業務のなかで効率よくスキルアップできる独自の育成システム(自己開発支援制度)を主軸に、技術力・人間力双方にわたって、様々な教育・研修制度でサポートしています。
テクニカルスキル
エンジニアなら、まずは技術を磨きたいと考えるもの。スタッフサービス・エンジニアリングでは、テクニカルスキル向上のため、個人学習だけではなく、社員が集まって勉強会を行い、お互いのスキルアップを助け合う文化があります。

勉強会・研修

所属エリアブロック毎やテクニカルセンター、ユニットにおいて、技術分野に関する勉強会や研修会を実施しています。
スキルカウンセラーによる研修だけではなく、同じ資格取得を目指す人が集まって受験日に向けて勉強会をしたり、QCやExcelなど技術分野にこだわらず必要な知識について詳しい人が講師となって研修をしたりしています。自主的に企画し、上司やスキルカウンセラーも巻き込んで場所や資料の確保をし、みんなでスキルアップのための活動をしています。講師役も人に教えることで勉強になることが多く、また、現役エンジニア同士が集まってお互い専門外の情報を交換することの刺激もあります。なにより、ともに励ましあってモチベーションの維持ができるところが魅力です。
「エンジニア社員講師制度」を活用すれば、身近に自分が勉強したい分野に詳しい人がいなくても、あらかじめテキストや内容を確認して、全国の当社エンジニア講師から指名し開催することもできます。
2012年度 スキルカウンセラー、当社エンジニアによる勉強会:996名受講

自己学習支援

(1)通信教育講座

テクニカルスキルアップ、語学力アップ、資格取得に役立つ講座が多数あり、各分野あわせて約150講座を用意しています。初級から上級までのレベルがあるので、ご自身のレベルや目標にそった受講が可能です。また、受講期間終了後もテキストで学習を続けられるのが通信教育のメリットです。

(2)e-ラーニングシステム

e-ラーニングシステム
各分野あわせて約100講座用意しています。機械理論、電気の基礎、ExcelやWord、PowerPointの講座が人気ですが、実機で学習できるCATIA講座もおすすめです。 情報管理研修講座は無料で受講が可能です。
※通信教育講座とeラーニング受講費用は、年間最高20,000円まで当社が負担します! (当社規程による)
(3)各種研修スクールとの連携
全国70ヶ所以上の技術専門スクールと提携しています。CADの分野ではCATIA、Solid Works、AutoCADなど。その他にもC言語やJAVAなど、就業先の業務に必要なスキルを身につけることができます。
配属前にみなさんのスキルや経験に応じて、短期間の研修に参加する場合もあります。
ヒューマンスキル
プロのエンジニアとして求められる、顧客意識、協調性、ビジネスマナーなどの「ヒューマンスキル」教育にも注力しています。定期的にコミュニケーションアドバイザー(CA)による研修を実施し、この3年で延べ3,000人以上のエンジニアが受講しました。
ヒューマンスキルアップ研修例

ヒューマンスキルの心構え

ヒューマンスキルとは何か、なぜヒューマンスキルを身につけなくてはならないのかについて学びます。

仕事の進め方

業務を円滑に進め、高い成果を出すための仕事の進め方について学びます。

コミュニケーション

良好な人間関係を構築し、信頼して仕事を任せていただけるようなコミュニケーション力の身につけ方について学びます。

ビジネスメール

簡潔・明瞭でありながら、好感を与えるビジネスメールについて学びます。

ビジネス電話

どんな状況でも的確に受け答えができるビジネス電話について学びます。
情報管理教育

最先端技術の現場やメーカーの機密情報に触れる機会のあるエンジニアとって、情報管理はもはや常識として身につけていなくてはならない必須スキルです。情報管理順守の課題をeラーニングでいつでも学習できます。

2012年度 eラーニングシステムによる「情報管理研修講座」:1941名受講

入社オリエンテーション
第二新卒などの社会人経験が浅い方にも自信をもって就業してもらえるよう、配属先で求められるビジネスマナーやコンプライアンス・情報管理研修など、当社の社員として必要な基礎的なスキルを身につけていただきます。
すべてのエンジニアにチャンスを
相談する/エントリー
募集要項